大体年に1度くらいは受診しておいたほうが良いといわれるがん検診、世の中にあふれる恐ろしい病気の中でも、特に発症人数が多い病気であるため、発症してしまった場合にはできる限り早く発見して治療をしたいもの。
そのがん検診の検査項目は次のような流れになります。

がん検診に関する情報について解説します。

まず一次検診ではスクリーニングを行い、がんの可能性が少しでもある人とない人に振り分けます。

可能性がないと診断された場合にはここで終了です。

残念ながら可能性があると診断された方は、二次検診に進むことになります。


二次検診では、可能性のある部位によって検査項目が異なります。



まず、胃がんの可能性がある場合は胃のX線検査を行います。
肺がんの場合は一部例外もありますが、胸部X線検査の場合が多いようです。
大腸がんの場合は便に血が混じることがありますので、便検査を行います。

乳がんの場合は触診およびマンモグラフィーを用いて検査を行います。子宮がんや子宮頸がんの場合は細胞を採取して検査を行います。



二次検診でそれぞれの精密検査を受け、がんの疑いはあったがその疑いが晴れる場合もあるでしょう。

しかし、万が一がんと診断されてしまった場合には、すぐに治療に取り掛かります。
しかし心配することはありません。

がん検診で見つかった癌は、たいていの場合初期のがんであることが多いと思われますので、初期であれば薬のみの治療など、比較的簡単な検査をもって治療することができるのです。